EN
English
都心から遠く離れ、色濃く残る自然に囲まれた集落──雛見沢村。

かつて、ダムの底に沈むはずだった村は、
今もなお昔と変わらない姿で、
転校生・前原圭一を迎え入れる。


都会で暮らしていた圭一にとって、
雛見沢の仲間と過ごす賑やかでのどかな生活は、
いつまでも続く幸せな時間のはずだった。


一年に一度行われる村の祭り、綿流し。
その日が来るまでは…。


昭和五十八年、六月。
ひぐらしのなく頃に。

日常は突如終わりを告げ、
止まらない惨劇の連鎖が始まる──。
都心から遠く離れ、色濃く残る
自然に囲まれた集落──雛見沢村。

かつて、
ダムの底に沈むはずだった村は、
今もなお昔と変わらない姿で、
転校生・前原圭一を迎え入れる。

都会で暮らしていた圭一にとって、
雛見沢の仲間と過ごす
賑やかでのどかな生活は、
いつまでも続く
幸せな時間のはずだった。

一年に一度行われる村の祭り
綿流し。
その日が来るまでは…。

昭和五十八年、六月。
ひぐらしのなく頃に。

日常は突如終わりを告げ、
止まらない惨劇の連鎖が
始まる──。
New kid Keiichi Maebara is settling
into his new home of peaceful Hinamizawa village.

Making quick friends with the girls from his school,
he's arrived in time for the big festival of the year.

But something about this isolated town seems "off,"
and his feelings of dread continue to grow.

With a gnawing fear that he's right,
what dark secrets could this small community be hiding?
New kid Keiichi Maebara is settling into his new home of peaceful Hinamizawa village.

Making quick friends with the girls from his school, he's arrived in time for the big festival of the year.

But something about this isolated town seems "off," and his feelings of dread continue to grow.

With a gnawing fear that he's right, what dark secrets could this small community be hiding?